Page 3 of 5

会社の飲み会や行事が多くて辛いひとの対処法

私の勤めている会社では、飲み会が多いのですが、会社の中にも飲み会が好きな人と、そうでもない人がいます。そういう飲み会や行事が辛いという人もなかには見受けられます。でも人事権を持った上司が飲み会や行事が好きだと、表だって行かないとは言いにくい雰囲気も確かに存在しています。

一番よいのは、飲み会にはいかないキャラとしてまわりから認知されることです。私の会社にも一名います。いったりいかなかったりすると今日は付き合いが悪いとか言われるだけです。いかないならいかないことを貫くことです。多くの人は、そこまで徹底できないのです。

一回は断っても、二回、三回と誘われると、そこまで言うならと思って行ってしまいます。私は、このタイプでした。それがいけないのでしょう、常に誘われるため、ますます断りにくくなってしまいます。回りが納得する理由を作るのが一番いいかもしれません。

医者に飲酒を止められているという理由が最も効果的なのかもしれません。普段から飲まないことで説得力も付きます。家で飲む人は、飲んでいることが絶対にばれないようにする必要があります。私の会社でもどんな病気なのかは知りませんが飲むと命にかかわるから飲まないという人もいます。

一度そのキャラが浸透すれば、あいつはさそってもこないからとその後は誘われなくなりますし、たとえ誘われても断りやすくなります。ただし例外を作らないことを徹底しないと元の木阿弥になります。一度でも出たら今まで作ったキャラはリセットされると思った方がよいでしょう。

いかないと決めたら、徹底していかないことですが、飲み会に参加することにも利点があります。上司が行きたがるのも理由があるのです。普段は話せないことや、付き合いにくい相手とも、お酒が進めば話も弾みます。お互いの本音で話すことで親密度もぐっと増します。

飲めない人でも飲めるようになるからと飲みニケーションを会社ぐるみで行うことをすすめているコンサルタント会社の有名社長さんもいます。飲めるようになって、飲み会や行事を楽しめると仕事にプラスに働く効果もあるのです。

飲み会に出ることで社内の知り合いも増え、仕事がやりやすくなることもあります。飲み友達ができればそれはそれで楽しいものです。ときには、愚痴を言いたいときもあるはずです。

ただし、参加すること自体が苦痛だという気持ちもわかります。無理して出てプラスになるとも思えません。プライベートな時間まで職場の人と一緒に過ごしたくないという人の割合も増えています。どちらが正しいということではなく異なった価値観を尊重できる会社になるのが本当は一番良いのではないでしょうか。

とにかく、行きたくない人は健康上の問題など、はっきりとした理由を告げて絶対に行かないことです。最初のうちは断りにくいでしょうが続ければ誘われなくなります。健康上の理由ならそのことで評価が下がることもないでしょう。

そのときそのときで、妻が病気とか、用事があるとか断っているのが一番ダメなパターンです。評価も下がります。継続して出ない!これが一番です。

今の仕事内容が自分に合わないと気づいたときの対処法

仕事は、必ずしも自分の希望する職種に付けるわけではありません。むしろ希望するものと違う職種を仕事としている人が多いのではないでしょうか。会社で適性に応じた配置換えもあるかもしれませんが、希望が通るわけではありません。

自分の適性がどこにあるのかを見分けるのはとても難しいことだと思います。それがわかっているだけでもその人は、わかっていない人よりも幸せです。最後まで自分の適性に気づかないで仕事をつづける人もいます。

多くの人にとって仕事をする最大の目的は、生活をするためのお金を稼ぐことです。生活するためのお金がじゅうぶんにある人は、働く必要はありません。自分の好きなことをやって過ごすことができます。またお金があって働くことが好きな人は、自分が好きな仕事を選ぶことができます。

今の仕事が自分にあっていないと気づいたら、まずは今の仕事を好きになるために努力をしてほしいのです。仕事は、奥が深いです。また多面的です。最初は気乗りのしない仕事でも取り組むうちに、しだいに興味を持つようになり、その仕事で成果を上げる人も多いのです。

自分の適性が、なかなかわからないように、仕事の持つ魅力も、なかなかわからないものです。関連する仕事の本で興味が持てるものを読んで実践してみるのも、今の仕事を好きになるために効果があります。本を読むのが苦手な人は、比較的薄く興味の持てそうなもから読んでみることです。

自分で考え、工夫することで仕事は、面白くなってきます。いわれたことだけをやる受け身の状態だと、やらされ感だけが残ります。小さなことでよいので自分で工夫して取り組むことが楽しさを生みますし、それが仕事への興味を生んでいきます。

同じ時間を働くのなら、その仕事に少しでも興味を持って働けるほうがよいに決まっています。小さくともよいので自分の興味が持てることはないか探してみてください。もう一度言います。仕事は奥が深く、多面的です。見方を変えればあなたに合ったところが見えてくる可能性があります。

そういう努力はもう何年もやって、今の仕事の魅力も少しはわかるけれども、やっぱり自分には合わないと感じている人はいるはずです。自分が本当にやりたい仕事に気づいたときが、今の仕事が自分に合っていないと思うときなのかもしれません。

その場合には配置転換が希望できる会社もあるので制度を利用することもできます。また転職を検討することも必要でしょう。ただし配置転換も転職もできない人はどうすればよいのでしょう。

そのときは、仕事は生活するための手段だと割り切って働くようにしましょう。そしてプライベートの時間を充実させるのもよいでしょう。興味が持てないものは、無理をせずにそれなりに仕事する。会社に行くことが嫌にならないように回りの同僚とできるだけ楽しくやることにウエイトを置くなどするとよいかもしれません。

昇進は難しくなるかもしれませんが、それもひとつの生き方です。ほとんどの人は、自分の適性に合った仕事だけをすることはできないのですから。

どうしよう?仕事や職場のことでうつになりそうなときの対処法

生涯に1度でもうつになる人の割合は15人に1人だそうです。発症はしなくとも、うつになりそうだった人はもっと多いはずです。職場が原因でうつになりそうになったとき、自分でできる対処法について書いていきたいと思います。

うつにならないための対処法には次の三つがあげられます

・考え方を変える
・食生活、睡眠などの生活習慣を見直す
・日光を浴びる

なぜ考え方を変えることで効果が期待できるのでしょうか。一つの考え方に固執すること自体がうつ病を引き寄せる原因になっている場合があります。

例えば、自分と他人の関係は、こうあるべきだと決めつけている人が、その通りにならなければ悩みや苦しみを感じるでしょう。それに対して、いろんな人がいるのだから、どうしても関係が悪い人がいるのもしょうがないと思えるかは大きな違いになります。

柔軟に考えることができるようになるためにはどうしたらよいのでしょうか。今までの自分とは違うことを意識して行うようにしてください。普段なら車を使うけれども、歩ける距離なら歩いて行く。家で食べる替わりに外食する。いつも食べるメニューではなく頼んだことのないものを選ぶ。いつもなら選ばない服を着て外出する。

毎日同じパターンの生活よりも、いつもと違うことをすると変化を受け入れやすくなってきます。脳が受ける刺激も多くなるはずです。最初は小さなことから初めていけば抵抗も少なく、そのうち大きな変化にも対応できるように変わっていくはずです。

完璧主義の人は、できなかったことを意識してしまいます。なぜできなかったのだろうとか、ここがダメ、あそこがダメとか。それよりも、できたことを意識して評価するようにしましょう。これができたし、あれもできた。頑張って、ここまでできたのだからと思うように考え方を変えましょう。

人間関係なら、確かにあの人とは上手くいっていないが、この人とうまくいっているからいいじゃないかと、思うことです。すべてのことができるわけではないと気づけば楽になります。

同じように目標を高くし過ぎると、できないことばかりが気になってしまいます。それより少し目標を下げてでも、できたことを評価するようにして下さい。

まわりの評価を気にしすぎない。まわりからの評価に合わせるために頑張るのは辛いはずです。自分の気持ちとは関係なく、まわりの評価は上がったり下がったりします。まわりの評価は自分ではどうしょうもないことなので気にしないようにしましょう。

生活習慣の見直しも大切です。自分のコンディションが心に及ぼしている影響を軽視してはいけません。一晩の深い眠りが、体だけではなく心の疲労もなくしてくれた経験を誰もが持っているはずです。

食生活も、ストレスがたまると食欲が無くなる場合や、逆に過食になることもありますが、バランスの取れた食事を規則的に取るように気を付けてください。睡眠と食事が不規則になると心のストレスに対抗する力が湧いてきません。

日光を浴びることも効果があるので、外に出て日の光を浴びるために活動する時間を作りましょう。散歩や買い物で外出するときに徒歩で行くのもよいでしょう。体を動かすことも効果がありますので、軽い運動を外で行うのも効果があります。

うつになりそうなときには、睡眠や食事、外に出る、軽く体を動かすなどしてコンディションを崩さないように気を付けると同時に、自分を追い詰める思考パターンをしていないか自己チェックしてみることが必要です。考え方、見方は、変えることができるし、悩みや苦しみの原因が自分の考え方かもしれないと気づけば、少しずつでもよくなっていくはずです。

職場の人間関係が自分に合わないと気づいたときの対処法

職場の人間関係ほど、やっかいなものはありません。人間関係が仕事に与える影響も大きく、気持ちよく働ける環境をだれしもが望んでいます。しかし人は皆違うため、ある人にとって居心地のよい場所が、その他の人にとっても居心地のよい場所になるとは限りません。

今の職場の人間関係が自分に合わないと気づいたときは、気づいたときがその職場に入ってまだ時間がたっていないのならば、自分を変える努力をしてみるのが一番よい方法だと思います。

基本的に人は相手を変えることはできません。相手を変えることができると思い込んでいるだけです。むしろそのような努力は逆効果になる可能性があります。他人を変えることはできません。自分を変えるしかないのです。自分が変わることで相手との関係も変わっていきます。

まずは、相手の気持ちを理解することです。相手がなぜそのような態度をとるのか考えたことはありますか。相手の立場になってみることも必要です。自分の立場だけで見ていることに気づくと今まで気づかなかったことに気づくこともありますし、相手の気持ちに感情移入しやすくなると思います。

自分の気持ちが変われば、変わった分だけ相手も変わっていく可能性があります。相手を受け入れなければ、現状はかわりません。自分が変わらない限り何も進展することはないのです。

もしも、長く勤めている会社で、この会社の人間関係が自分に合わないと気づいたのならば、どうしても我慢できないなら、転職するのも仕方がないでしょう。がまんできるのなら、できる限り、会社の人と関わらずに仕事を続けていく方法もあります。

人間関係が、がまんできなくて、自分を変えることもできないのなら、環境をかえるしか方法がありません。転職先として、できるだけ自分に合ったところを探してみましょう。人間関係で毎日悩むよりは転職する方がよいと思います。ただし、転職で最初から人間関係をつくるのも結構大変です。新しい職場が自分に合うとも限りません。そういうリスクも存在します。

がまんできるのなら、必要最小限の関係を維持するだけであとは、会社の人とは関わらないようにしていく方法もあります。別に宣言する必要はありませんが、他の同僚とは、一線を引く覚悟さえあれば、それも可能でしょう。

そのときでも、やらなければいけない仕事さえきちんとこなしていれば、誰からも文句を言われることはありません。合わないのに無理して合わせるよりは気分的には楽かと思います。

まずは、自分を変える努力をしてみてください。きっとすこしずつ環境も変化していくでしょう。それでも効果がなければ、そのとき転職を考えても遅くないと思います。だれでも働きやすい職場で働くことができれば、それが一番よいはずです。

事情があって転職できない人は、職場でのかかわりを最小限にして、仕事に打ち込む方がよいでしょう。人間関係は、仕事以外の場所で築けば孤独になることもありません。積極的に仕事以外で人間関係を築いくようにしましょう。