仕事がつらいと思ったときに読んでください

仕事は、面白くなくて当たり前、お金を稼ぐんだからつらくて当然という考えもあります。でも少しでも楽しく、充実した仕事をしたいというのも、生活に仕事が占める長い時間を考えれば当然のようにも思います。

仕事をつらく感じるケースは、人によって様々です。また同じ人でも色々なケースでつらいことを経験します。そして各自が、自分なりに悩み、苦しんで解決策をさがしているのです 。今思えば、多くの場合は時間が解決してくれるのですが、そのときは、少しでも早くなんとかしたいと思っています。

仕事の喜びも、仕事のつらさも仕事に携わる限りは、性別も年齢も関係なくついて回る物です。喜びがある限り辛さもいつか訪れます。逆に今はつらくとも必ず抜け出せるときが来ます。楽しいことばかり、つらいことばかりの仕事は、ありえないのです。

仕事が辛いときには、落ち込んで、消極的になって、暗くなりがちです。そんなときでも友人や家族に話を聞いてもらえるだけでずいぶん気が楽になった経験を持っている人はいませんか。話す前と、話した後の自分の変化に驚くこともあります。

何か、悩んでいることがあるときに、誰かと話をすることができないときには、ネットで答えを探す経験はありますよね。そんなときに答えが見つかるかはわかりませんが少しでも役に立てるブログになれればと思っています。

自分ひとりで考えこまない

仕事がつらいときの解決方法は、様々です。これが正解という方法は恐らくないと思います。ですが、つらいときにはまりやすい思考のパターンはある気がしています。同時に、つらくならない思考のパターンもあるはずです。

自分一人で考えていると、気づかないことがあります。ひとつの思考パターンに陥っているときには、なおさらでしょう。そんなとき今までの自分の考え方とは違う考えもあることを知ると、こう考えればよかったのかと気が付くことで気分が楽になるときがあります

また考えてもどうしようもないこともあります。そんなときには思考を停止することも必要です。事実かどうかわからない妄想のようなものに振り回されていることもあります。色んなケースがあるし、対応にも色々な方法があります。限られた範囲ではありますが、もしかしたら何かしらの役に立つヒントを提供できたらと思っていまする

自分だったら、こんな風にするのにと否定的に読んで貰ってもかまいません。むしろその方がよいのかもしれません。今も、仕事に悩むことがある人間が、書いている文章です。あなたは悩んでいる人から相談されたときに、逆に自分の悩みを打ち明けたことはありませんか。

悩みは誰かと共有することで減ることがあります。同じ悩みを持つ人が他にもいっぱいいることを知るだけでも、価値があるはずです。そういう気持ちで読んでいただければ、とても嬉しいです。

職場の異動で仕事や人間関係が辛くなったときの対処法

定期的に、人事異動を行う会社は多いので、事業所や店舗が複数ある場合には、職場が替わることもあります。もしくは、部署が替わることもあります。職場の異動が決まってから、次の職場へ移るまでは、比較的気分も楽なのですが、新しい職場に入ると大なり小なりストレスを受けることになります。

新しい職場が、以前より自分に合って楽しくなることもあるかもしれません。しかし、その逆で、合わなくて辛い思いをしている人もいるでしょう。今この文章を読んでくれている人がいれば、たぶん後者ではないでしょうか。

辛い思いをしている原因は、職場が替わることで人間関係が変わること、場合によっては仕事の内容が変わることからきています。仕事の内容が変わっていなければ職場が替わることで新たな人間関係を築く必要からストレスを感じるのでしょう。

多くの場合、新しい職場の人間関係に合わせることがストレスを生んでいる原因となっています。環境が変わっていない人は、楽しそうにやっているのでその差が余計にストレスを増やすことにもなります。

結論からいえば、必ず時間が解決します。ひとによって長い短いはありますが、1か月から長くても1年未満で解決します。時間が短い人は、やはり溶け込む努力をしています。自分から積極的に話しかけて自分に合った同僚を早く見つけています。

早く、自分に合った同僚を一人でもいいから見つけることができると職場がぐっと楽しくなります。その人がいれば、仕事で困ったときも気軽に聞けるし、助けてもらえると思えれば、今までとは気分がおおきく違います。

1人でも、仲の良い同僚ができると、明るくなりますし、その同僚とのつながりで他の人とも関係が作れる場合があります。早くなじんでいる人は最初に気の合うひとをつくれるまでの時間が短いのです。

気の合う人ができなかった場合にはどうしたらよいのでしょうか。その場合には、表面的な付き合いでもよいからと割り切ってでもできるだけ孤立せずにいることです。後は、時間にまかせるのがよいと思います。

今の職場も、あなたが入って環境が変わったように、これからも環境は変わりつづけます。いつかきっと、気の合う同僚ができるでしょう。それまでは、ストレスをできるだけためないようにすること。変に意地をはって孤立しないことが大切です。

いっぽう、昇格して平社員から管理職になったときや、事務や技術から営業に替わった場合など、仕事が変わったことで辛くなっている人は、どうしたらよいのでしょうか。

これも多くの場合は時間が解決します。そしてできるだけじぶんと同じ職位の同僚と、ときには弱音や愚痴を聞いてくれる仲間がひとりでも作れれば、ぐっと楽になるのではないでしょうか。

まじめに取り組んでいれば、新しい仕事で必要になるスキルは時間が身につけさせてくれます。とにかく今の辛さから脱するためにも、時間が必要なときには、あせらないでそのときが来ることを信じて余計なストレスを作らないことです。

そして、自分と気の合う仲間ができることを信じて、また仲間づくりの努力を放棄して孤立しないでいればきっと数か月後には、今の職場や仕事に慣れた自分がいます。実は私も職場が替わって1週間です。お互いに頑張りましょう。

全てをリセットできる転職のプラスとマイナスについて考える

今の仕事を続けることに嫌気がさして、転職を考えたことのある人は多いのではないでしょうか。その中の何割かは、実際に転職活動や転職をした人もいるでしょう。

転職のメリット
・職場の人間関係がリセットできる
・休日や勤務時間・残業などの労働条件が変わる
・給料が変わる
・仕事内容が変わる

仕事を変えることで、問題が解決する。そんなことを期待して転職活動するのです。ただ転職することで新たな問題が増えることもあります。転職はメリットばかりでなく、デメリットも多いのです。

転職にもデメリットはあります。
・給料が下がることが多い
・新しい環境になれるまで時間が必要
・同じ年齢の新卒に比べ昇進が遅い

特に今までの業界と違う仕事の場合は、身につけてスキルを生かすことができなくて、全くの新人として再スタートを切りますから、覚える仕事は多く大変です。好きで転職したはずなのに意外ですが、最初の1年ぐらいは、転職したことを後悔することも珍しくはありません。

1年たって今の仕事に慣れてくると、今度は給料や昇進スピードなどの待遇が気になってきます。どうしても中途採用者は多くの企業で新卒と同様にはなりません。そこは覚悟しておく方がよいと思います。ただし中小の会社によっては、中途採用者の方が多く新卒者の方が少数派でハンディもないというところもあります。

どの会社も実際には入ってみなければわからないことが多く、そこで働いている人に聞いても、聞いた人のイメージのため実際に自分がそこに入ったときに感じることと同じではないでしょう。それに一番入りたい会社に採用されるわけではありません。

転職前の人に伝えたいのは、安易に転職すると後悔することがあるということです。多くの場合、転職するたびに採用される企業規模は小さくなっていきます。中小企業にも利点がありますが、当然デメリットもあります。基本は、仕事内容で選ぶことです。極端な話、その仕事なら寝食を忘れて没頭できるくらいなら、むしろ転職した方がよいでしょう。

ただ多くの場合、自分がやりたい仕事がはっきりしているケースは少なく、さらに希望している会社に採用される人はもっと少ないのでしょう。休日数や残業時間、企業イメージだけで行きたい会社を判断している人もいるはずです。

一番大事なのは、仕事内容です。自分以外の、友人や特に家族などにも聞くと意外な適性がわかるときもあります。自分でやりたい仕事が、はっきりいないうちは今の会社で今の仕事に打ち込む方がよいでしょう。

転職後に後悔している人には、できれば3年間一生懸命に仕事に打ち込んでほしいと思います。実際には3年かからずに、今の仕事が楽になってくるはずです。時間が解決する問題なら時間をかければ必ず解決します。あせらないことです。

転職は、繰り返す傾向があります。その理由は、自分が本当に好きな仕事が、どんな仕事なのかわかっていないためだと思います。好きな仕事についていれば転職もしたいと思わないでしょう。先ほども言いましたが寝食を忘れて没頭できるくらいの仕事をもてることが一番の幸せなのではないでしょうか。

頑張っているのに上司やまわりから評価されないときには

こんなに頑張っているのに、なぜか上司やまわりからは評価されないという思いを持っている人はいませんか。上司やまわりから評価されるために仕事をしているわけではないけれど、自分と比べて一生懸命働いている様子も見られない人が評価されているのに気付くと、こんなにやっているのにという気持ちがでてきます。

上司が替わると、それまでの評価が一変する人もいます。自分自身で仕事をどんどん進めることができるひとは、一方で協調性に欠ける傾向があります。組織や、チームワークを尊重する上司には嫌われることもあります。また逆に、管理する必要がなく確実に実績を残す部下を評価する上司もいます。

結論からいえば、他人の評価で一喜一憂することはやめましょう。頑張っているのは、だれのためでもなく自分のためだと割り切りましょう。自分の家族のため、自分の成長のため、自分のお客様のためと考えることです。

もしあなたが上司に評価されることを仕事の目標とするのなら、上司の求めている部下になりきることです。上司によって求めている部下のタイプは違います。評価する部下のタイプも違います。上司の評価するタイプに自分がなれないのならば、もしくはなる気がないのならば、上司の評価を気にすることは無意味です。

自分自身のなかに評価の基準を持つことです。まわりからの評価を期待しなくてもしっかりと仕事に取り組むモチベーションを維持できるようにするべきです。そうしないと、まわりの評価が悪ければモチベーションが下がってしまします。

まわりの評価を気にせずに自分の中に評価の基準を作るには、自分がなぜ働いているのかをきちんと納得する必要があります。一生懸命働いているのは、自分の成長のためだと納得できていれば、問題はありません。成長して、独立するためであるとか、キャリアアップするためだとか目標があるともっとよいかもしれません。

もしくは、単に今の仕事が好きだということでもよいでしょう。例えば、接客が好きでお客様のために一生懸命サービスすることが楽しいという人もいます。そのひとは、上司に評価されるよりもお客様から評価されることを喜びにしています。そのためときには、会社の方針に対しても、納得がいかなければ意見を主張することがあるでしょう。そういうことを嫌う上司もいますし、逆に評価してくれる上司もいます。

また、家族のために働いていると思っている人は、家族の感謝が働く原動力になるでしょう。いずれにしろ、上司や、周りからの評価を基準に働くのか、その他の基準を自分の中に持って働かくのかによって違いが出ます。上司の期待に沿って働く場合は、上司が替わるとその基準が変わるリスクがあることも承知しておいてください。

自分の仕事に対する気持ちと上司やまわりの期待を両立できる人も少数ですがいるのは確かです。そういう人は、出世も早いです。ですが両立できない人は、一方を選ぶことで仕事を進めるしかありません。周りの期待に合わせられないひとは、周りの評価を気にしないでもモチベーションを維持できるように、自分のなかに評価基準を持つようにしましょう。

なぜ職場でいじめられるのか?いじめられたときの対処法!

人間が集団になると、程度の差こそありますが、いじめが起こることがあります。人間が持っている負の側面かもしれません。二人では起きないことも三人以上集まれば、だれかがいじめられる可能性があります。

あからさまないじめもありますが、一見するわからないいじめもあります。集団でいるときに、笑いの対象とされる人がいます。笑いの対象に選ばれるのは、自分たちより劣ると思われた人、弱いと思われている人、例えばその集団で一番仕事が遅い人などがターゲットとなることが多いように思います。このときの笑いには蔑みが含まれています。気にしない人は気にしないのでしょうが、やはりこれも一種のいじめでしょう。

いじめの対処法には、

・無視する
・影響力のある人に相談する
・戦う
・転職する

などがあります。軽いいじめに対しては、無視することで解決することもあります。また軽いいじめのときなら戦うのも効果があります。戦うときは、相手の言葉に対して反論する、怒っていることをわかるように厳しい声で抗議する、上司に報告すると言うなどその場の状況で使い分けます。

軽いいじめは、本人が嫌がっていることがわかると収まるケースもあります。意思表示をしないと面白がってエスカレートしていくものです。嫌なら嫌と伝えることは必要です。それでもダメなときに、上司に報告するなどの対処が必要になってきます。

戦うのはエネルギーを使います。影響力のある信頼できる人がいるのならその人に相談するのも方法です。ただし、人によって見方も変わります。相談する人を間違えると効果がありません。また大きな企業で相談できる窓口があればそこに相談するのがよいでしょう。

いずれの場合にも、いじめられた記録や、証拠があると判断しやすいので、可能ならば、そういうものも用意したいものです。

好きな会社で、転職したくなければ、いじめに負けないで仕事を続けることで、相手に認めさせるしかありません。辛いですが、仕事以外の人間関係をできるだけ活用して孤独にならないようにして下さい。学生時代の友人や、家族などに会社の愚痴を聞いてもらえると心が癒されます。

いじめを受けていても毅然とした態度で、きちんと仕事に取り組んでいれば、時間がたつにしたがって、まわりからも認められるようになってくるものです。そのときには、いじめもなくなっているはずです。

ただし、そこまで今の会社や仕事に対しての思い入れが無いのならば、ある程度の努力をしてダメなら転職を検討するのもよいでしょう。いざというときは、転職すればよいと思えれば追い込まれることもありません。

今の職場に残っているよりも、新しい職場で働く方が楽なときもあります。転職できる人ならば無理をして残る必要もありません。転職活動をしてもよいでしょう。

いじめられているときには、自分の状況と照らし合わせて、いくつかの対処法の中から自分ができるものを実行していくしかありません。そして一人で抱え込まずに家族や友人に相談することを忘れないでください。